【2021.1.2】「寺門ジモンの取材拒否の店・新春SP」で紹介された、名店グルメまとめ!

今回で第19弾!寺門ジモンの取材拒否の店、スタートです!

新春恒例『取材拒否の店』、新春SPのお時間です。
もう58歳の寺門ジモン、いつまで続くかなあ…

それにしても絶景料理の特番、今年も見たかったなあ…
ガキ使よりこっちで復活して欲しかったよ、渡部…

取材拒否の店1軒目 西荻窪「はつね」焼豚ワンタンメン

11年前に断られたタンメンの有名なお店。
雑誌にはちょろっと露出したらしいのでワンチャン狙って今回出撃!

並んで入店、動画撮影交渉もあっさりOK!
今回は焼豚ワンタンメン1100円!

ちなみにタンメンはこちら。

確かにこりゃ美味そうだ…
チャーシューも注文を受けてから切るようで水分が飛んでない。
全てがまっとうな仕事をしています。

営業時間は…

  • 火~金 11:00~16:30
  • 土、祝 11:00~16:00
  • 定休日 日、月
  • 年始は1/7(木)から!

『丁寧に作ったラーメンは心が美味しいという』byジモン

取材拒否の店2軒目 外苑前「福蘭」揚げ餃子

過去4回チャレンジして撃沈した餃子のレジェンド店。
何やら閉店するとのこと。

揚げ餃子注文し交渉も…完全NG(5回目)を喰らったジモン。
結局いつものテイクアウトで路上で喰うパターン。
ニンニクだれをつけて食べるってのが美味そう。

ただ、ネット民によるとどうやら外苑前の福蘭というお店らしい…
2020年末に閉店したってのも合致。

『今日ボクの宝物がひとつ消えました…』byジモン

取材拒否の店3軒目 代官山「かねこ」焼肉

3軒目は同行Dのテンションが上がる焼肉。
どうやら焼肉には流派があって、取材NG流派があるらしい…

なお、ジモンは過去に牛500頭分を食べてきたから牛の亡霊が背中についてるとのこと 😀

ちなみに肉の食べ順が決まってるお店であったかいローストビーフも美味しいってのも魅力。
で、あっさり取材OK。

完全個室&完全予約制のお店でした。

ローストビーフ1200円、赤身トロトロで美味そうだったなあ…いつか喰いたい。
お任せ盛は7200円。焼き順はこちら。

  1. 塩ハラミ(八重山郷里牛)
    肉汁大賞、飲み込むのが勿体ない
  2. マルカワ(八重山郷里牛)
    噛みしめて美味しい
  3. サーロイン(田村牛)
  4. ヒレ(シャトーブリアン)
    焼いてる時の脂の飛び散り方が肉の線香花火
  5. らんぷ(八重山郷里牛)
  6. みすじ(田村牛)

『焼肉かねこに焼肉道をみた』byジモン

取材拒否の店4軒目 北参道「おかしやうっちー」ケーキ

いつ行っても買えない大人が食べてもスコスコ食べられるケーキ。
イートインがあるお店。
取材拒否度80%。

で、食べる所だけ取材OK。

  • くるみゼリー(560円)
  • チョコレートムース(815円)
  • ティラミス(713円)
  • カカオのスープ(1000円)
  • チーズタルト(611円)
  • ピスタチオアイス(800円)
  • 白トリュフショートケーキ(2万円程)

やべー、よだれ出た…

ネット民によると、どうやら北参道のおかしやうっちーとのこと。
確かにイートインもあるし評価高いしここみたい。

『カカオのスープって』byジモン

取材拒否の店5軒目 浅草「鷹匠壽」鴨肉料理

取材拒否の最高峰のお店らしい。
焼肉の元祖。
写真撮影もNG。
久々にヤバイ店。

で、料理の映像のみならOK!

手で鉄板の温度を計りすぎて麻痺したから、店主が頬で温度を計るっていう…

  • 鴨肉
  • ネギ焼

こちらもネット民によると、浅草の老舗鷹匠壽 (たかじょうことぶき)って店らしいです。

『食の歴史 ここにあり』byジモン

取材拒否の店6軒目 中目黒「メグリヴァ」イタリアン

ジモンが店主と仲良くなるまで2年。
予約が取れない。SNSでのみ予約。カウンターで食べる…っていうお店。

店名NGも食事撮影OKに!

  • ブラータと洋ナシ(1800円)
  • フォカッチャ
  • 冷製うにカッペリーニ(2300円)
  • 自家製ハム(900円)
  • 白子ムニエル(2200円)
  • 白トリュフオムレツ(5400円)
  • いかすみラグーパスタ(1800円)
  • 牛テールカチョエペペ(2100円)
  • えぞ鹿と猪のロースト(時価)

一応、ネットではこのお店だということです…
カウンター席のワンオペみたいです。

『本当は教えたくなかった とっておきのイタリアンです』byジモン

取材拒否の店7軒目 静岡の喫茶店「ポプラ」フルーツサンド

静岡上陸!
うなぎと聞いてテンションがあがるスタッフ!
と、その前に喫茶店に寄ると言い出すジモン。

熟したフルーツサンド(1200円)が絶品らしい。
取材はあっさりOK!


手で持てないくらいのフワフワ加減。


『日本で一番手にずっしりとくる フルーツサンドを静岡で見つけました』byジモン

取材拒否の店8軒目 静岡「炭焼き」うなぎ

素晴らしいうなぎ料理の店!
うなぎは山の物…とのジモン講釈が出たところで入店。

日本フェンシング協会会長太田雄貴とバッタリ鉢合わせ。
オリンピック開催有無を聞いたけど…当然わからず 😆

撮影もあっさりOK!

  1. 柚子の袋煮
  2. 7匹分の尾びれの揚げ焼き(浜名湖産天然鰻)
  3. う巻き
  4. 肝焼き(ワサビの茎の酢漬け付)
  5. えり(カマ)焼入りとろろ(自然薯)ご飯
  6. 白焼き(塩わさび)
  7. うな重(肝吸い付)

『どこのウナギとかより 誰が焼いたウナギかの方が大切かもしれない』byジモン

取材拒否の店9軒目 白金「ドロゲリア サンクリッカ」モーニング

ラストは東京に戻ってきてモーニング!
悪魔の朝食だそうで。

取材拒否度は10%(お友達なんで楽勝雰囲気)!

で、やっぱり楽勝で取材OK!

  • 牛肉の生ハム ヴァルテッリーナ産ブレザオラ(1500円)
  • ピエモンテ産白トリュフを使った悪魔の朝食(1200円、白トリュフ1g追加につき1200円)
  • クロワッサン(350円)
  • 白トリュフパスタ(2700円、白トリュフ1g追加につき1200円)
  • マリトッツォドルチェ ピエモンテ産ヘーゼルナッツ(600円)

『白トリュフってズルイ!』byジモン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です