【滞納】月々のライフネット生命保険料が払えなくなって口座引き落としが不能になった時の話

お金が無いので生命保険料が払えない状況です

離婚して独り身ですが、子供を受取人にして生命保険に3000万円加入中です…
しかし保険料が払えないため失効のピンチです。

ライフネット生命の掛け捨て定期保険に加入中ですが、保険料が払えなくなった時の流れを今回の具体例を交えてお伝えします。
大体、生命保険会社各社同じような対応なのでご参考まで。
そのような事態にならないことがベストですが…

  • 3月27日 1回目の保険料口座引き去り不能
  • 4月27日 2回目の保険料口座引き去り不能(3月分と、4月分の2ヶ月間分)
  • 5月27日 3回目の保険料口座引き去り不能(3月分と、4月分と、5月分の3ヶ月間分)だと失効!

27日引き去りできなくても保険会社から送られてくる請求書で月末までに保険料をコンビニ等で支払えばなんとかセーフです。
失効するともう一度保険に加入しなければならず、健康状態の診査がネックになるケースも。
当初加入していた時は健康でも、失効後に再加入しようとしたら健康面でひっかかって最悪加入できない、もしくは特別保険料(通称特P)が加算されるケースもあります。もしくは部位不担保といって特定の病気等で亡くなった場合は保険金が担保されないケースも。

だから、いくら貧乏でもなんとか失効しないように継続死守しましょう。
私も病気持ちになったのでなんとか今月中に金をかき集めて払い込みをしようと思います。

もし毎年の健康診断等で健康であれば、保険料滞納中の保険契約を解約して新たに入り直す手も無くはないです。
その方が2~3か月分保険料浮くしね。

でもそれをやりすぎるとその生命保険会社自体に加入できなくなることもあるので注意しましょう。
短期解約や乗換契約をする契約者はリストにあがってくるのでね…
会社にとっても新契約にかかる経費ばっかりかかる面倒な客になってしまうし。

以上、失効時の保険契約について見てきましたが、逆に言うと保険料払込ができなくなっても2ヵ月は失効まで猶予があるので金策の目途がつく場合は余裕をもって滞納しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です