副業

【住民税】副業禁止のサラリーマンが、普通徴収で11万円追加納付する話

サラリーマンが副業した際の税金の話です。
いくらぐらいを確定申告しなければいけないのか?参考になれば幸いです。

確定申告後、6月は住民税の納付書が届く魔の季節です

平日はサラリーマン、金曜土曜の深夜は荷物の積み込みバイトをしています。
なぜか?
ギャンボーでこさえた借金1,000万円を返済するため。

年間200万円ずつ返済していくので、最低でも5年間はこの休みなしの生活が続きます。
自業自得。

で、会社は副業禁止なのでバレないように住民税は特別徴収ではなく、普通徴収にしています。
自治体によっては普通徴収できないところもあるようですが、電話して確認した結果、私の住んでるところではOKでした。

今年は11万円の追加納付分を4回に分けて納付します。

  1. 2021年6月30日までに29,000円
  2. 2021年8月31日までに27,000円
  3. 2021年11月1日までに27,000円
  4. 2022年1月31日までに27,000円

納税は日本人の義務とはいえ、貧乏人にはこの4回の納付、きついっす。
月1万円、余計に節約していかないと…っていうかギャンブル辞めろって話です。

本業:7,620,161円(住民税:417,300円)
副業:1,188,104円(住民税:110,000円)
合計:8,808,265円(住民税:527,300円)

年収に対しての住民税の割合はこんな感じですので、副業される方は参考にしてください。
ちゃんと追加納付分のお金を確保しておかないと、私みたいに金策に苦労します…

早くうちの会社でも副業解禁してもらうように働きかけよう…
でも借金&任意整理のことは会社に秘密だから、副業している理由は言えないけれど…

【所得税の予定納付】60,600円×2の納付書が届いた話~2021年6月17日追記~

全く予定外に納付書が届きました…
このあいだ住民税たかってきたくせに、まだ他におねだりするの???
勘弁してください…
払えないよ…

確定申告の試算をしてみたら、残り5.5万円、払わないといけないらしい~2022年2月17日追記~

国税庁ホームページで令和3年度の確定申告額を試算してみました。
既に支払った予定納税額12万円を差し引いて5.5万円を工面しないといけなくなりました。

副業で110万円くらい上乗せされると住民税と所得税で30万円以上消えていく感じですね…

しんどい、しんどい…

【借入】任意整理者でも『みんなの銀行』から、いますぐ1年間無利子で『簡単に』5万円借りられる方法教えます

一部の金欠貧乏人の間で話題沸騰の「みんなの銀行」! ブラックリストに載ってる私のような人間でもお金を借りられることが判明し狂喜乱舞! その詳細をお伝えします! クリックできる目次1 2021年5月にで ...

続きを見る

【現金調達】『みんなの銀行』口座開設の副業で、誰でも簡単に1,000円もらえますよ!

既にこのキャンペーンで10万円以上の紹介料を稼いでいます!(2022年2月時点) 2022年5回目の入金1,500円! 累計101,000円! 10万円突破!#みんなの銀行 #任意整理#小銭稼ぎ ht ...

続きを見る

(Visited 38 times, 1 visits today)

-副業
-,