【競馬必敗術!】負けを知って勝ちを知る!競馬で1,000万円の借金を作った男の『負け競馬あるある』言いたい!

競馬の負けパターンを突き詰めれば、勝ちパターンが見えてくる…はず

競馬で人生を壊した私が、今までに実践してきた負け競馬あるあるを後世の負け組の方々に残しておきます。
何かの参考にしていただき俺の屍を超えて行け!…ということで。

  1. ほぼ全レースに手を出す
    私と同じくギャンブル依存症の人達と話したことがあるが、3場開催で36レースを3連単5頭ボックス6,000円ずつ216,000円つぎ込む方がいらっしゃいました。
    さすがに私はそこまで資金力が無かったですが狂ってた時は36レース全てに手を出してました。
    ⇒36レース手を出すとしても均等買いは絶対ダメ!そういえば以前読んだ『会社員をしながら年間1000万円儲ける私の馬券術』でも勝負レース以外は100円だけ賭けてレースを見ていた!って話が書いてあったような。全く賭けないと真剣にレースを見ないから100円だそうで。
    これができないってことは、要は勝負レースの見極めが出来ていないってことで駄目なんだろうなあ。
    そもそもリアルタイムで36レースやってると集中力続かないし、まともに予想する時間なんて無いもんね。
    勝負レースの勝率を上げて、なおかつ自分の得意レースを知るってのが大事。
    個人的には展開のまぎれが少ないダ1000~1200mが好きです。俺が言っても信憑性無いが…
  2. その日の負けを最終レースで取り戻そうとする
    これは皆さん経験がある話。だいたい傷が深くなって廃人度がマシマシマーシーになります。
    個人的にメインレースを最終レースにして欲しいといつも思ってます。
    平場の最終に無駄に大金注ぎこまなくても済むし。重賞やオープンを最終にした方が真面目に事前に予想している分的中率高そうだし。
    だからダービー後の目黒記念が大好物です。メインはダービーだけどね…
    最終12レースをメインレースにすると競馬場の帰り道が混むんだろうけどそんな事は知ったこっちゃない…
  3. 好きな馬を追い続けて毎回購入してしまう
    好きな馬が好走して的中した次のレースも、条件とか全然違うのに買っちゃうパターンね。
    これが個人的に成功したのはカンパニーが毎日王冠⇒天皇賞⇒マイルCSで好走した位だわ。
    この時は3レースで150万位儲かった…好きだったなあカンパニー。
    天皇賞で4着だった時も反吐が出るほど1着⇒2着⇒4着の3連複持ってて失禁しそうになったよ…
    毎回レース条件や相手が違うんだから冷静に好き嫌いを別にして本命打たないとね…
    明らかに前有利な馬場なのに好きな追い込み馬が出てくると都合よく脳内でハイペースと予想して本命にしてしまったり…昨日の俺がまさにそれ↓。明らかに前有利な大井の馬場だったのに…


    これやるにはシステマチックな指数とかで判断しないと駄目かな…

  4. 的中するとレートをいきなり身分不相応にあげてしまう
    午前中に20~30万とか勝つと、それまで1レース3,000~5,000円くらいでチマチマやってたのに午後からいきなり1レース1万~3万くらいぶっこみはじめてすぐに勝ち分を溶かすっていう定例パターン。
    目標勝ち分決めたらそれを残すようになぜ自制できない!っていつも後悔して廃人と化してます。
  5. 芸能人や有名予想家に自分の予想に左右される
    『やべー、キャプテン渡辺と予想被ったよ~』『東幹久と穴馬被りました。。。』『プリンちゃんと一緒かよ…』等々、目に入った予想家たちと予想が被るとついつい自分の予想を変えてしまったりして実は的中してたって話。
    最近は極力事前に見ないようにしてるけどね…ぶれるのは自分の予想に自信が無い証拠。
  6. ユーチューブの競馬動画に刺激を受けてしまう
    弥永先生やストマックの動画を見るとついついレートを上げて賭けたくなっちゃう…
    自分の身の丈にあった賭け方が大事なのに影響を受けやすいってのは駄目。
    競馬場やWINS行って気が大きくなっちゃうのもNG!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です