【取得しなきゃ損!】誰も教えてくれないから、自ら申請して佐川急便のアルバイトで有給取得した件

アルバイトでも有給休暇は取得できるって話です

佐川急便でアルバイトを始めて早2年超。

ちょっくらゴルフコンペに参加するためにバイトを休むことになった私。

『そーいや、有休まだ取って無かったなあ…消滅する前に消化するか!!!』

っていうことで佐川の正社員の人に申請。

入社して2年超、有休の残日数とかそもそもの仕組みとか教えてもらった記憶が無い…
情報弱者はそのままアルバイト=有休なんて無い!って思いこんでるから消滅したまま時が過ぎるんだろうなあ。1日働けば1万円くらいにはなるんだから、休んだ時にこれが入ってくるか否かじゃ大違いだし。

中小企業の社長とか、下手すりゃコンビニ・飲食の店長でも
『バイトに有休なんてあるわけねーだろ!』って思ってる人、案外いそうだし 😯

特にベトナムとか中国の留学生とか、絶対把握してるとは思えない…
ましてや会社側が積極的に説明してるなんて皆無だろうし…

↑私が良く利用する日本の人事部のサイトより。

アルバイトに積極的に有給休暇を取得させないためにぼやかして雇用契約書に表記させたいという、とある人事の方からのご質問(決して佐川急便の話ではありませんので、念のため)。

当然、このご質問はNGで、きちんと有給休暇について触れて書かないと後々トラブルになる可能性大です。

留学生の皆さんに有休の仕組み教えてあげて、申請代行して手数料もらったら結構いい商売になりそうだ(笑)

もちろん冗談ですからね、注釈しないと真に受ける人がいる世知辛い世の中なんで念のため。

アルバイトは何日有休取得できるの?

こうなると気になりますよね、アルバイトの有休取得条件。
付与日数は下記の通りです。

週1勤務の場合(年42日~72日勤務)
・入社6ヶ月経過 1日付与
・入社1年6ヶ月経過 2日付与
・入社2年6ヶ月経過 2日付与
・入社3年6ヶ月経過 2日付与
・入社4年6ヶ月経過 3日付与
・入社5年6ヶ月経過 3日付与
・入社6年6ヶ月経過 3日付与

週2勤務の場合(年73日~120日勤務)
・入社6ヶ月経過 3日付与
・入社1年6ヶ月経過 4日付与
・入社2年6ヶ月経過 4日付与
・入社3年6ヶ月経過 5日付与
・入社4年6ヶ月経過 6日付与
・入社5年6ヶ月経過 6日付与
・入社6年6ヶ月経過 7日付与

週3勤務の場合(年121日~168日勤務)
・入社6ヶ月経過 5日付与
・入社1年6ヶ月経過 6日付与
・入社2年6ヶ月経過 6日付与
・入社3年6ヶ月経過 8日付与
・入社4年6ヶ月経過 9日付与
・入社5年6ヶ月経過 10日付与
・入社6年6ヶ月経過 11日付与

週4勤務の場合(年169日~216日勤務)
・入社6ヶ月経過 7日付与
・入社1年6ヶ月経過 8日付与
・入社2年6ヶ月経過 9日付与
・入社3年6ヶ月経過 10日付与
・入社4年6ヶ月経過 12日付与
・入社5年6ヶ月経過 13日付与
・入社6年6ヶ月経過 15日付与

ちなみに正社員の有休付与日数は…

・週所定労働時間が30時間以上
・所定労働日数が週5日以上
・所定労働日数が年間217日以上
上記条件を1つでも満たせば下記日数付与されます!

・入社6ヶ月経過 10日付与
・入社1年6ヶ月経過 11日付与
・入社2年6ヶ月経過 12日付与
・入社3年6ヶ月経過 14日付与
・入社4年6ヶ月経過 16日付与
・入社5年6ヶ月経過 18日付与
・入社6年6ヶ月経過 20日付与

気を付かないといけないのは、有休は2年経過すると消滅してしまうので、必ずその前に消化してしまいましょう!

だから私の場合、週2勤務のバイトでもう少しで2年6ヶ月経過してしまうので、その前に最初の6ヶ月経過時に付与された3日間を消化しないともったいない!ってことになります。

もし取得申請を拒む店長がいたとしても、SNSで拡散させればすぐに改善されるご時世でしょうから、もらえるものはきっちりもらって活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です