【緊急事態宣言】テレワーク導入した中小企業総務担当の魂の叫びを聞いてくれ!

わが社でもテレワーク&時差出勤を導入します…が…

200~300名規模の中小企業の総務担当なんですけど、安倍首相の緊急事態宣言を受けてやっと会社でもテレワークや時差出勤を導入することに。
でも見切り発車的にスタートするので課題は山積み。
総務担当として、その辺の問題点を整理するためにこの記事を書こうかと。

①勤怠の取扱い、どーするよ?

時差出勤やフレックスなんて今まで経験無し。
ちなみに勤怠管理はアナログなエクセル管理。
エクセルで作成した勤務表を配布して、そこに入力してもらって月末印字したものを、上長押印の上総務提出の流れ。
だから時差出勤になると関数を個別に変更するのが俺の拙いPC能力じゃ「むーりー」なので、申し訳ないけど、10時~18時の勤務体制に変更になっても、既存の9時~17時とみなして入力してもらってます。

勤怠管理システム、はよカモン…

とりあえずジンジャー検討中。


まあ、やりません!っていう気持ちは分かるw

②在宅勤務で残業ってどーなのよ?

今のご時世、キーボードを打ってる状況で在宅でも仕事してるか否か判別する会社もあるらしいけど、残念ながら突貫工事でのテレワーク開始なのでそこまで予算も時間的余裕もなし。
だから在宅時は9時~17時勤務に収めるようにして業務遂行してね、会社じゃ把握できないから!って感じになります。要は残業するな!って話。残業しそうなら上司(管理職)にその仕事を振ってくれって!

もしそれでも上司の許可も取らずに残業つけて来たら、性悪説主張する立場としては監視カメラでもつけてやろーか、と喧嘩腰になってしまいそう。

③自宅でweb会議システムにて研修しようとしたら、断るってどーなのよ?

タイトルじゃ意味不明なので補足すると、会社のPCを自宅に持って帰って在宅勤務させた際、web会議システムつないでその従業員と研修しようとしたら、「子供が周りにいて集中できないんでwebでつないで研修したくありません」って文句言うやーつ!

はあっ???そんな状況ならそもそも本来業務ちゃんと自宅で、できてんのか?おいっ?

ってなるわけで。在宅勤務で生産性落ちてる奴がそんな偉そうに文句言ってんじゃねーぞ、こら!ってなります。
ええ、心の叫びです。
ちゃんとこれ↓買うか、物置か風呂場の浴槽にでもこもって集中しろと声を大にしていいたい。
コロナの緊急事態宣言下の特殊な状態だからってなんでも許されるなと思うな!
ちゃんと賃金の対価分働け!


ほんと、↑この方の仰るとーり、松阪桃李でございます。

あー、愚痴った、愚痴った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です