【映画・空白】角川シネマ有楽町にて公開初日に鑑賞した、感想&評価(ネタバレあり)

前評判の高かった古田新太、松坂桃李主演の映画『空白』を鑑賞しました。

画像1

角川シネマ有楽町にて鑑賞

公開初日、祝日ということもあり松坂桃李ファンが満席にしているかと思いきや8割くらいの入り。
コロナ禍で座席を1席ずつ空けて座るために、空席が目立つように見えますがまずまず入ってた。
ゆったり座れるので客としてはありがたいけどね…荷物も置けるし。

しかし、角川シネマ有楽町は一瞬わかりにくいんだよね、ビッグカメラの8階だけど表示が少ないから『あれっ?グーグルマップでは着いてるはずなんだけど…』ってなる。
そういや、前にここで観た時もそんな風に迷ってたな、俺。進歩無し。健忘症かな…

映画『空白』のネタバレ感想

最初に空白の評価を…

3.8点(5点満点)

満足度は高いので観て損はしないです。

まずはあらすじを…

物語の始まりは、ある万引き未遂事件。スーパーの化粧品売り場で、店長の青柳直人(松坂)に万引き現場を見られた女子中学生・添田花音(伊藤蒼)が、追いかけられた末に車にひかれて死亡。娘に対して無関心だった父親・充(古田)は、せめて無実を証明しようと店長を激しく追及するうちに、姿も言動も恐るべきモンスターと化していく。(映画.comより抜粋)

古田新太は顔面凶器でそのままでもモンスターだから違和感なし。
娘の潔白を信じて突き進んでいく感じは『人間・失格』の赤井英和を思い出しながら眺めてました。

古田新太VS赤井英和、いい勝負になりそうだw

古田はぶっきらぼうな漁師役なんだが、 弟子役の藤原季節が反発しながらもその古田についていく役を好演
ただ、あそこまで邪険にされているにも関わらずなぜついていけるかがわからん。
漁師の腕があったのを尊敬してたのか、親父に重ね合わせていたのか、その両方なのか…
どっちにしろ、季節が古田についていける理由付けとなるエピソードが軽く欲しかった。

寺島しのぶ演じる欲求不満おせっかいババア。安定の出来でした。
首吊って死にかけた松坂桃李にキスするシーンは全国300万人の松坂ファンから悲鳴が聞こえそうでした。
有吉がこの映画の寺島にあだ名をつけるなら『善意の押し売り』で決定でしょう。

冒頭の交通事故シーン。
結構見通しがいい道路だったのがちょっと違和感。
1台目の事故は防げないかもしれないが、2台目トラックとのぺしゃんこシーンは運転手も気づきそうなもんだが。
携帯見てたってことかね???そこでなんかモヤモヤが残ってしまったのが最初のマイナス点。

事故後、現場で松坂と古田が現場検証ごっこしてた時に松坂とトラックがぶつかりそうになっても回避できてたし。
しかもその時は夜。実際の事故の時は昼…まあ、古田が間一髪助けてたような感じにはなってたけどイマイチそれでも腑に落ちない。そこら辺のモヤモヤさまぁ~ず感は払拭して欲しかった場面でした。

スーパー閉店後、交通整理のバイトをしてる松坂桃李に若者が『スーパーで売ってた焼き鳥弁当、ちょーうまかったっす。まじ今までありがとうございました!』(うろ覚え)…的なシーンがあって松坂感極まってたけど、このシーンはまさしく蛇足でしょう。

この映画でここが一番残念だった。いらないよ、このシーン。
その前に松坂に対して古田の心が解けてきた場面があったんだからそこで松坂の心も少しずつ救われてるのは観客わかってると思うんだよね。それを『これでもかっ!』って念押しのカットを入れ込むのは監督が不安だったからだろうか…

ここが無ければ☆4つかな。勿体ない。

この映画、ポールハギス好きな人にはおススメ。なんとなく。
あと、チェンジングレーンが好きだった人とか…

劇中のワイドショーの作りがちゃちかったなあ。もう少し本気のシーンにして欲しかった。

古田新太の絵を描くシーン。
北野武映画っぽかった。下手な所も含め。でもその下手さもラストへの布石になっていて…

あれこれ文句もあったけど、そのラストシーンはきちんとフリが効いてて涙腺若干崩壊しかけます。
エンドロールへの入りも計算しつくされた絶妙のタイミング。うまい。あのラストを考え付いた時の監督のドヤ顔が目に浮かびます。どんな監督か知らないけど。U-NEXT(ユーネクスト)でこの監督作品があったら観てみよう。興味持ちました。
調べたら7作品あるから犬猿観てみようかな…

そういえば、チャンス大城に似てるやつが出てるなあって思ったら、やっぱりチャンス大城だった。


 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です