【人件費削減案】コロナ禍で残業時間減が継続であれば営業手当は廃止した方が得かもしれない話

コロナの影響で当社でも残業時間が減っております…

人事の人間なので、社内の毎月の残業時間を気にしているわけで…
コロナ禍のおかげで残業時間が減少し、残業代も半期で数百万円程見込みよりも削減できて怪我の功名ではあります。

この1年は全社平均で月15時間程の残業時間になっております。
以前は25時間くらいでしたから10時間くらいは減りました。

当社は以前より営業手当(みなし残業代込)は廃止して、実残業時間に応じて残業代を支給しております。
30時間分を想定しての手当でしたので現在の15時間程度の実残業時間であれば、手当を支払っていた時よりも実残業時間に応じての支給の方が安上り。

なので、コロナ禍を機に今後も在宅が増えて残業時間が減っていくのであれば営業手当を廃止するのも会社側としては良いのではないかと。

営業手当を廃止すれば、営業担当者に対し実残業時間に応じて残業代を支給しなくてはならないので、今までサービス残業が多かった企業にはかえってマイナスになってしまうでしょう。
営業手当の意味合いがそもそもみなし残業代の側面が大きい会社であれば不利益変更にもなりにくいでしょうし、組合との折衝においてもスムーズに廃止できそうな気はします。

今後コロナが収まり、また急激に残業時間が戻っていくことは余り考えにくいんですよね。
一度在宅で楽する味を覚えてしまうとなかなか人間元には戻りにくいので…

だから今まで

実残業時間>みなし残業時間だったのが、

実残業時間<みなし残業時間となる企業もあると思うんですよね。

そのような企業はさっさと営業手当を廃止しちゃえば良いかと。
今までサビ残が多い企業であればこれを機に残業削減に本気で取り組めば従業員にも喜ばれるでしょうし。

でもどこの企業も一定数、残業代を生活給の一部にしている人もいるわけで。
みなしを無くすと実残業時間つけまくり=残業代稼ぎまくりの無駄な仕事を作り出す人もいるのでその辺は管理を徹底しないとダメですね。

あと、残業が実際に多い人が実残業時間ベースにすると、管理職になった時に残業代が出なくなって昇進前より手取りが減るケースは良くある話で。私もそうですが。だから副業しなくちゃ生きていけなくなったわけで。

管理職にも残業代支払うようにして欲しいわ、ほんと。その方がモチベあがるから。
残業代多い部下より俺の方が給料低いと一生平社員の方がいいと思うもんね。
管理職にもなれない残業の単価高いベテランとかの給料見るとほんと早く辞めてくれって感じで。

まあ、最後は愚痴になってしまいましたが残業時間が減っている今、そんなことをふと思ったりした次第で。

あと、営業手当を無くすとこんなメリットも。

だいたいどこの紹介会社も年収×30~35%が手数料ですが、その算定基礎には残業代は含まれません。
予測でしか無いので当然と言えば当然ですが。
だから営業手当を廃止すれば基礎から外れるので若干手数料は安くなります。
オマケ程度の話ですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です