【貧乏あるある】後天的にビンボーになった男の貧乏話

貧乏にしか見えない世界が…そこにはある

幼少期はそこそこ家が小金持ちでした。
小学校のお弁当にエスカルゴが入っていたりして。
同級生から『あーっ!先生!○○君が、かたつむり食べてる~!!!』って叫ばれました。

その位、食べる分には不自由しない生活だったわけで…

あれから30年~(綾小路きみまろ風)、今じゃ本当にそこらへんのカタツムリを食べかねないほど食うに困った状況です。

そんな後天的貧乏な私が感じた貧乏あるあるをご紹介。
単に『俺あるある』かも知れないがそこはご勘弁を。

貧乏あるある言いたい

  1. 病院に行かない(というか、行けない)
    当然、金が無いから行きたくても我慢します。

    先日も虫歯で歯が抜けても歯医者に行けませんでした。
    そのうち、歯抜けジジイになって場外馬券売り場とかにいる廃人になっていそうです。
  2. 洗濯は2週に1回
    もちろん金が無いので家に洗濯機はありません。
    洗濯はコインランドリーです。
    1回300円なので毎週は回せません。
    2週間に1回洗濯しています。

    乾燥機は高いので使えません。
  3. 会社用のワイシャツは2日間着回し
    前項に通じますが、洗濯物の量を増やすとコインランドリーに1回で収まらなくなるので、減らすために2日に1回しかワイシャツを変えません。
  4. 飯は1日1回
    今は特に貧乏なので食パン1枚に、はちみつやバターを塗って晩飯を食べています。
    1日3食なんてブルジョアの輩がすることです。
    ちなみに、会社で昼に弁当が出て1日2食以上食べた日は胃がびっくりして腹を壊します。
  5. 痩せます
    1日1食生活になってから、体重が80キロ⇒68キロになりました(マイナス12キロ)。
  6. 友達付き合いや会社付き合いが悪くなる
    当然のごとく金欠で飲みに行く機会が無くなり、声もかけられなくなります。
  7. 滞納してもなんとも思わなくなる
    光熱費の滞納は当たり前。
    昔は滞納に抵抗がありましたが、今では感覚がマヒして当たり前に。
  8. 銀行口座に6桁入っているのを見たことが無い
    給料が30万円口座に入っても一瞬で借金の返済&養育費・慰謝料&家賃が自動引き落としされるので、数千円しか残りません。なので3桁~4桁は当たり前の生活です。
  9. 年がら年中お金のことを考えている
    接待ゴルフ中も会議中も、いつも返済の工面のことばかり考えています。
    寝る時も含め、気が休まるときが無く不安定でイライラします。
  10. 髪をカットするのは2~3ヵ月に1回
    当然行くのは1,000円カット。
    離婚前は6,000円の美容院に行ってましたが今じゃ無理。
    カットの時は短くして何とかもたせます。
  11. 風呂は1週間に2~3度しか入らない
    光熱費削減&貧乏だと全てにやる気が無くなってくるので風呂に入る気力がありません。
    当然シャワーで済ませます。
    浴槽に入るのは接待ゴルフでのゴルフ場の湯舟だけ。年数回ですね。
  12. 改札で前の人のスイカ残高が10,000円を超えてると舌打ちしてしまう
    スイカ残高はいつも1,000円位なんで、他の人が1万円超えてるとつい嫉妬してしまい、負け組であることを再認識してしまいます。
  13. 会社のウォータークーラーの水を、誰もいなくなったときにこっそりペットボトルに詰めてしまう
    水道代を浮かすためにこっそりつめて家の冷蔵庫に貯蔵しています。
  14. 当然車は所有していない
    ゴルフの時に会社の誰かの車に乗せてもらえるように毎回頼むのが苦痛です。
    ゴルフ場の最寄りの駅からシャトルバスが出てるゴルフコースだと安堵します。
  15. 会社経費の飲み会は、腹一杯食べます
    タダ飯の時に食べられるだけ食べてエネルギーチャージをしておきます。
  16. 本が買えないのでコンビニ・本屋で立ち読みして済ませます
    我慢してひたすら立ち読みで粘ります。昔は雑誌を買っていましたが、今じゃ買えません。
  17. 新聞購読を辞めました
    日経新聞を購読したいのですが解約しました。
    もう私の履歴書をしばらく読んでいません。
  18. 会社の人に『貯金無いんですよ~』と言うと冗談だと思われる
    本当に貯金ゼロなのに40歳前後のおっさんが言ってもまさかの冗談だと勝手に勘違いされる

    ゼロじゃなかった、28円ありましたね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です