【2019年・必ず外れる有馬記念予想】◎フィエールマン(仮)⇒最終◎アエロリット(確定)

まともに有馬記念で的中した記憶がありません…

先週はこの一撃に助けられました。


記憶をさかのぼってみると、グラスワンダーとスペシャルウィークの馬連に5万円突っ込んで的中したのが最後だったような…友人と東京競馬場で見てたなあ…中山では無く。

独身時代は冬のボーナスの内、20万円を有馬で突っ込むのが恒例行事でしたが全く当たったことは無く。
(今も紆余曲折合ってまた独身ですがw今は無理です)
JCでお世話になったドリームパスポートとディープインパクトの馬連に突っ込んだけどまさかのドリパ4着

今思えばまさかでもなんでもないんだが、ドリパ好きとしては信じて疑わなかったね(遠い目)…

さすがに坂上忍みたいにその年に稼いだ残額を全額競艇に突っ込む…みたいなことはしてませんでしたが…

で、2019年予想オッズはこんな感じだそうで。

ほぼ2強に集約されていくのかな。
アエロリットがもう少し人気上げそうな気もするけど想定の範囲内のオッズ。

今年の有馬のポイントは…

  1. 3歳馬の世代間比較
  2. 一頓挫あったアーモンドアイの取捨
  3. 逃げ先行馬揃いでのレース展開
  4. リピーターが来るのか否か
  5. ラストランの馬達の取捨
  6. 海外帰りの馬達の取捨
  7. 一応世相馬券的な狙い馬

こんなところですか?

①3歳馬の世代間比較

ダノンキングリーが毎日王冠勝ったり(アエロリット、インディチャンプ撃破)、カレンブーケドールがJC(近年まれに見る低レベルメンバー)で2着来たり…

それなりに通用してるけどイマイチぱっとしないと言うか。
サートゥルナーリアの天皇賞秋での印象がそうさせてるんだろうけど。

でもダービーで伸びきれなかった時点で個人的にはもう能力を見限ってしまったんだけどね。
ここは無印で悔いなし。右回り最強説は消えてないけど人気先行だし無理して本命にするまでにはいたらず。

有馬でよく来る印象の菊花賞馬ワールドプレミア。
今年の菊花賞はなかなかの低レベルだと思っているのでこの馬も評価は低いです。
少なくとも中山向きでは無いと思うし。トゥザワールド感は無いっす。

マヤノトップガンやマンハッタンカフェタイプともイメージ合わず。
これも現時点では消し候補。

②一頓挫あったアーモンドアイの取捨

出る分には大丈夫でしょ…元々無理して出る必要の無いレースだったし。

③逃げ先行馬揃いでのレース展開

キセキよりも外に入ったアエロリットがいきそう。
外国人が積極的に逃げるイメージもわかないしキセキは番手。
スティッフィリオも何がなんでもって感じでも無さそうだし案外落ち着くのかな。

相変わらず前が残ってるしやっぱり前残り重視で。

④リピーターが来るのか否か

エアシェイディ枠にシュバルグランが収まるか…
枠がなあ…今年はいないかな。

マイラーのダイワメジャーでも3着来るんだからアエロリットの3着付けで最終結論。

アーモンドアイ⇒リスグラシューorフィエールマン⇒アエロリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です